同志社校友会岐阜県支部会則

第1条
本会は、同志社校友会岐阜支部と称し、事務所を岐阜市内に置く。
本会は理事会の承認を得て、部会、支部を設けることが出来る。
第2条
本会は、次に掲げる岐阜県内出身者、同県内在住・勤務者および県内に事業所を持つ者を以て組織する。
(1) 正会員
同志社大学、同志社大学大学院、同志社高等商業学校、同社社高校、同志社中学校、同志社女子大学、同志社女子大学大学院、同志社女子短期大学、同社社女子高校、同志社女子中学校の卒業生(中退者を含む)
(2) 準会員
(1) の同志社大学等の在学生
(3) 特別会員
(1) の同志社大学等の教官、旧教官で理事会の承認を得た者
(4) 名誉会員
特別功労者で理事会の承認を得た者
第3条
本会は、同志社大学等の隆盛と岐阜県の発展に寄与し、会員相互の親睦と研鑚向上を図ることを目的とする。
第4条
本会は、前条の目的を達成するため、同志社大学等母校の行事に対する協賛、会員名簿・会報の発行、交流・研修集会の開催その他適当と認める事業を行う。
第5条
本会は、会長1名、副会長2名以上、常任理事5名以上、事務局長1名、理事20名以上、監査2名の役員を置き、会務を処理する。
本会は、理事会の承認を得て、正会員のなかから名誉会長、顧問を若干名置くことが出来る。
第6条
会長、理事および監査は、正会員のなかから総会において選任する。
副会長、常任理事および事務局長は、理事のなかから理事会において選任する。
第7条
会長は、本会を代表し、会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは、予め定めた順序に従いこれに代わる。
常任理事は、本会の常務を処理する。
事務局長は、会長の指示を受けて本会の事務運営にあたる。
監査は、会計の監査を行う。
第8条
役員の任期は、2年とし、再任・重任はこれを妨げない。
第9条
理事会は、必要に応じて開催し、次の事項を決議する。
  1. 部会、支部の設置
  2. 特別会員、名誉会員の承認
  3. 副会長、常任理事、事務局長、名誉会員の選任
  4. 名誉会長、顧問の委嘱
  5. 総会の招集・総会付議事項の審議
  6. 集会または事業の負担金の承認
  7. その他重要案件の審議
理事会は、会長、副会長、常任理事、事務局長および理事を以て構成し、会長がこれを招集する。
理事会は、原則として、毎年9月23日とする。
常任理事会は、会長、副会長、常任理事および事務局長を以て構成し、事務局長が会長の承認を得てこれを招集する。
第10条
総会は、2年に1回開催し、事業計画および事業報告の承認、予算および決算の承認、会長、理事および監査の選任、会費の決定、会則の制定・変更決議を行う。開催日は原則として、当該年度の11月23日とする。
第11条
総会、常任理事会および理事会の決議は、出席者の過半数を以て決する。
第12条
本会の経費は、次の方法によって支弁する。
  1. 寄付
  2. 集会または事業を行う場合に理事会の承認を得て徴収する負担金
  3. その他
第13条
本会の会計年度は、9月1日に始まり翌年の8月31日に終わるものとする。